読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真鍮の万年筆ボディとゴールドインクを合わせて使う仕事道具!

https://www.instagram.com/p/BMgqY1PD4pl/

一度手放した#神戸インク物語 #新開地ゴールド 。また買ってしまった。#真鍮 #万年筆 に入れてボディとインクを合わせて使ってます!#bungu #文具 #stationery #ステーショナリー #brass #ナガサワ文具センター

 

以前使用した事がある、ナガサワ文具センターの神戸インク物語(kobe ink 物語)の新開地ゴールド。

 

キャメル系の色で小物を揃えるという最近のマイブームもあり、一度手放しましたが、再度購入しました!

 

真鍮の万年筆に合わせて、このインクを使うと、本体のボディの色と万年筆のインクの色がリンクし、統一感があります。

 

この新開地ゴールドインクですが、実際は黄土色ですが、かなり味のあるインクだと思います。

 

濃淡もしっかりとでて、個性もあり、私はかなり好きです。

 

このインクで書類を書いたりして人に見せると、必ずどこのインクですがと聞かれます。

 

真鍮の万年筆は、自分の使用感がでるというか、空気や手の触れたところが色や風合いが変わり、かなりかっこいいです。

 

本来、傷がつかないように表面加工されますが、この真鍮の万年筆はその表面加工がないので、使って行くうちに経年変化します。

 

ツール感や道具感も強く、筆記具といよりは、仕事道具っといった感じです。

 

その本体とこのインクの相性は抜群です!

 

大事に使います!